変わらないことと変わっていくこと

父との夏休みの実験 父が料理をするようになってから6年程。この春に「知り合いに勧められて買ったよ」と言うのが圧力鍋であった。 おばあちゃんの作る煮豆が好きだったこともあり、圧力鍋で豆料理ができることを期待しての購入の模様。 これまでに「赤飯を…

唯一と言えるほどの夏の楽しみ

夏は一週間くらいでいい 体力的に、夏がめっぽう苦手です。 夏が近づくワクワク感、夏の終わるしんみり感は風情があっていいものだけれど…! 見出しは、同じく夏より冬派の友人とのやり取り。夏は少しあったら十分満足できると思う人々。 好きなライブや、ち…

31歳でやっておきたいちょっとしたことリスト

誕生日までにしておきたいこと 今年は本厄ということもあり、身体に気を遣うことが第一優先ではあるけれど。 まだまだ世の中に知らないことがたくさんあって、やっていないこともたくさんあって。 試していったら毎日楽しくなるんじゃないかな?…と、膨らむ…

ニコラスが作る本格的な料理と、美味しいだけじゃないワインのお店

マンションの一角にひっそりとある醸造所 清澄白河から徒歩約5分。ブルーボトルと同様に、お寺に囲まれながら、こんなところに!と、ひょっこりと現れるのはフジマル醸造所。 1階が醸造所、2階がレストランとワインのテイスティングルーム。 お酒が飲めない…

青空の下で味わう贅沢

まだ少し爽やかな5月のビアガーデン 夫はお酒がほどよく好きである。特に好きなのはビールと日本酒で、いつも幸せそうに飲んでいる。夏は特にビールが美味しいらしく、かつ解放感にあふれたBBQとかも好きらしい。 平日の18時台のニュースで「ヒビヤガーデン…

その土地の空気をお持ち帰りする体験

苔のある部屋に憧れて 先日、長野県の上田に旅した時に、旅館で苔玉作りをさせて頂きました。 苔玉作りって。苔はどう手に入れたらいいか?もとより、植物も何にしたらいいか?分からないし、でもちょっと憧れるものがあり。 先生曰く「ホームセンターでも材…

誰かと居る瞬間を大事にすること

時折、後悔しがちなのが、心ここにあらずに過ごしてしまうこと。 からだが。何かをしながら、何かもついでにする。もちろん効率が大事な時もあるけれど。 心が。過去のことや、未来のことを考えてしまう。その時悩んでも、なるようになるのだけれど。 きっと…

小さなお財布に憧れて。職人の街、蔵前に行ってきた。

革製品の「エムピウ」へ *エムピウ(m+)のサイトより抜粋 ポケットの小銭が音を立ててふと思った。もっと気持ちよく小銭を持ち歩けないだろうか。たとえば手触りのよい一枚の革で包み込む。しかも中身を取り出しやすく、使えば使うほど愛着がわく。そんな…

大人になってからの公園は透明な気持ちになれる場所だった

公園は自由なところ! 花粉が落ち着いてからというものの、外に出たくて仕方がない。 花粉シーズン中に、公園を通りがかった時に、お花見や、スポーツはもちろんだけど、色んな人がいるなあ、やってみたいなあ、と温めていたことをちょっとだけ実現。

妄想とプレゼンテーションの必要性

小さい頃から試され続けるプレゼンテーション能力 例えば、携帯電話で言うと。中学高校で携帯電話を持ち始め、大学生になると携帯のネット使い放題という世代。欲しいなあと思っても、両親(主に父)に、「どのような利点があるのか」と説明の必要がある家庭…

好きな人と休みが合ったら。カメラを持って旅に出よう。

好きな人と休みが合ったら? 学生の頃はいつも一緒だったけれど、社会人になり、勤務体系が違う友人とはなかなか休みが合わないもの。 30代にもなると、休みの日は、もっぱら身体を休めたい、精神も休めたい、何もしない時間が欲しい、などと思ってしまうが…

Chokotto.のこと

Chokotto. 焼き立ての分厚いホットケーキへ シロップをかける瞬間のように ちょっとわくわくすることの記録してゆきます